About Whey

ホエー豚について

花畑牧場ではチーズを造る際に出る乳清(ホエー)を豚に与え肥育しています。
イタリア パルマでは伝統といわれるこの肥育方法は最高の豚肉を造るとともにエコロジーにもなる合理的な養豚方法です。

イタリアでは、ホエーを豚に与える伝統があります。世界のトップブランドであるパルマハムは、ホエーを豚に与えることにより最高のお肉となったわけです。
チーズ工房から毎日出るホエーを、毎日飲んで育った豚がホエー豚です。ホエーには乳酸菌、乳糖・ミネラル、ビタミンなどの動物の成長に必要な栄養素が豊富に含まれています。
その中でもホエータンパクは重要で、丈夫な筋肉を作り出し、ホエーを飲んで育つ豚は、病気になりにくく健康的で、成長も早いとされています。
肥育する豚は「ケンボロー種」と呼ばれるハイブリットポークで、 豚舎はビニールハウスを使用し、床材はオガクズのバイオベットを使用しています。飼料には、自社ホエーそして十勝の良質エコフィード(未利用資源)を与え、地球にやさしいフードマイレージを実行しています。
この最高のエコロジー環境の中で、品質の良いブランド豚を愛情を込めて手づくりしています。

ホエーを与えると、なぜ美味しいお肉になるのか?
ホエーとは、チーズを作るときに残る液体なので、生きた乳酸菌や乳糖等の栄養分・ミネラルが豊富に残っています。これによりホエー豚の肉質は、口当たりの良い不飽和脂肪酸を多く含み、保水力が非常に高いため焼いても蒸しても肉汁のジューシー感が残ります。

ホエーとは

チーズを作るときに残る液体で、生きた乳酸菌や乳糖、ミネラル、ビタミン等の動物の成長に必要な栄養素が豊富に含まれたものです。

バイオベッドとは

オガクズ、わら、モミガラ等の敷料を堆肥化したものを床に敷き、その上で飼育する方法です。
バイオベット方式による豚舎は、糞尿処理等の管理省力化、建設費の低コスト等の利点があり、環境にやさしい農業の確立を目指すことができます。 発酵による熱で豚舎はあたたかいため暖房いらずです!

フードマイレージとは

食料(FOOD)と輸送距離(MILEAGE)を併せたもので、食品の生産地と消費地が近ければ、地域食品を運送費や燃料費をかけずに運搬して消費が可能になるという考え方です。

エコフィードとは

環境や生態(ECOLOGY)と節約(ECONOMY)を意味する(ECO)と飼料を意味するフィード(FEED)を併せたもので、食品循環資源を原料にして加工処理されたリサイクル飼料のことです。
花畑牧場では、くまざさ、小麦粉、お菓子工場から出る端材、じゃがいもの皮、野菜等のリサイクル飼料をホエー豚に与えて育てています。

ケンボロー種とは

ケンブリッジ大学とエジンバラ大学で共同研究して開発された種豚ケンボローは、効率的に良質の豚肉を生産できるようにつくられたイギリス生まれのハイブリッドポークです。その優れた特質により、イギリスにとどまることなく、全世界で生産される「世界のブランド豚」となりました。ケンボロー種は、ほかの豚肉と比べて赤身の部分も含めて肉質がとてもやわらかく、脂もさっぱりしているのが特徴です。

私たちは花畑牧場です We are “Hanabatake Bokujo”!